食事の影響を考える

ジェネリック医薬品を初め、多くの医薬品は飲むタイミングや用法容量などが細かく決められています。医薬品は強い効果があるため、空腹状態で服用すると、効果が強く現れすぎて逆に悪い影響が与えられることや、薬品の効果によって胃の粘膜が傷つけることもあるため、用法容量は厳格に守らなければならないのです。ED治療薬についても、こうした用法容量はきちんと定められています。ジェネリックのED治療薬の中には、服用前に食事を摂ってはならないものもあります。胃に食物があることで、消化する速度も抑えられるため、通常の薬剤は食事の後に服用することが多いものです。しかし、一部にあるジェネリックのED治療薬は、食事を摂ることで効果が薄まってしまうため、服用する前後に食事を取らずに飲まなければならないのです。ですが、すべてのED治療薬が食事を摂ることを不可としているわけではありません。中には、食事をしたとしても効果になんら影響をもたらさないものもあります。そのため、性行為以外にもデートなどをして、恋人と楽しく過ごしたい場合は、食事が行える薬を、そうでない場合は別の薬を、という風に使い分ける事もできるのです。ジェネリックのED治療薬は、ほかにも飲酒によって影響がでるものも多くあります。お酒を飲むことで、アルコールの酩酊が気分を盛り上げられるので、性行為が行いやすくなる人もいますが、こうした薬の中には、アルコールに反応する薬もあるので、注意が必要なのです。